FC2ブログ

読みました

読んだ本、まんがについて片っ端に記録していきます。「見ました」「聴きました」も紛れています。

Top Page › 犬、動物 › 犬・動物がらみ小説、エッセイ、まんが › Remembering Pie and Patty-Pan/パイがふたつあったおはなし - Beatrix Potter/ビアトリクス・ポター
2017-03-05 (Sun)  12:19

Remembering Pie and Patty-Pan/パイがふたつあったおはなし - Beatrix Potter/ビアトリクス・ポター

ピーターラビットの絵本、19巻。
猫のリビーが黒い犬のダッチェスをお茶に招待した。ダッチェスは招待を受けるものの、出されるであろうねずみのパイを食べるのが嫌でたまらない。そこで一計を案じる。


Amazonの"The Tale of the Pie and the Patty Pan"のページ


Amazonの『パイがふたつあったおはなし』

facebookのスキッパーキーグループで紹介されていた。
黒い犬はまごうことなくスキッパーキーだ。
われらが女公爵様(Duchess)!
リビーにねずみのパイを食べさせられると思い込んで(実際にそうなのだが)、それを避けようと慌ただしく行動する様がまさにスキッパーキ。
そして巧みなイラストにかわいい、かわいいスキッパーキが描かれている。
アマゾンのサイトの「なか見検索」でいくつか黒い犬のダッチェスの挿絵を確認できる。

私が見た英語版はNew color reproductionsということでの方が挿絵が大きくていい。
関連記事

最終更新日 : 2017-03-05

Comment







管理者にだけ表示を許可