FC2ブログ

読みました

読んだ本、まんがについて片っ端に記録していきます。「見ました」「聴きました」も紛れています。

Top Page › まんが-作者名であいうえお順 › 聖☆おにいさん(中村光) › 『聖☆おにいさん(17)』 (中村 光 (著))
2019-12-20 (Fri)  15:02

『聖☆おにいさん(17)』 (中村 光 (著))

その121 背中に羽を、踵に強さを
ルシファーはピンヒールのブーツを履いている。
人には強さの源になっているファッションがある。それがルシファーの場合、ヒールの高さだと考えられた。

その122 前前前前世留学
大家の松田さんがフランス語を習いに語学学校に。ブッダとイエスもついていく。

その123 乙女と鎧と商品券

松田さんのフランス語教師としてジャンヌ・ダルクが来た。
ブッダとイエスとともに伊勢丹に行き、全身のファッションをコーディネートしてもらう。

その124 火の鳥は青い鳥
ツイッターに鍵アカしかなかったイエスが父さんとガブリエルのお膳立てで公式アカウントを作ることになった。

その125 がちんこ☆カミ相撲

ブッダとイエスはイエスの父さんが持っている升席で天界場所を相撲観戦。

その126 最後まで帰れない二人
アナンダがヨハネの強さを手に入れたいとヨハネに相談。

その127 絵師と画伯とグラフィティ
高名な画家、フラ・アンジェリコがイエスの絵を描く。

その128 ゴッド・シェイブ・ザ・髭
ブッダの不注意からイエスの髭の一部がそり落とされてしまった。


Amazonの『聖☆おにいさん(17)』のページ

他愛のないギャグの数々だけど、結構はまった。
定時退社の守護聖人、ジャンヌ・ダルクの勘違い、とかとか。

関東フルカラーのルシファーは格好良かった。

松田さんは自分より年上として捉えていたけど、実は自分が松田さん世代だと気が付いた。
というか、連載・第1巻発行から10年以上経過して、いつの間にか自分が松田さん世代になっていたんだね。
松田さんは自分より年下として認識する日も来るのだろうか。
関連記事

最終更新日 : 2019-12-20

Comment







管理者にだけ表示を許可