FC2ブログ

読みました

読んだ本、まんがについて片っ端に記録していきます。「見ました」「聴きました」も紛れています。

2019-12-08 (Sun)

男女逆転の物語の中でさらなる逆転の展開 『大奥 16(よしながふみ)』

男女逆転の物語の中でさらなる逆転の展開 『大奥 16(よしながふみ)』

徳川家茂の正室として京都から迎えられた和宮が偽物だった。その偽物が和宮に成り代わるまでのいきさつ。勝麟太郎(海舟)登場。謀略だらけ。その中で勝麟太郎は国際情勢を理解する面白い男として登場する。徳川慶喜は悪く描かれている。私の印象だと無血開城を決断した賢い将軍だったのだが、これはもっくん(だっけ?)が演じていた大河ドラマの影響かな。うちのお祖母ちゃんも慶喜を悪く言っていたな。もちろんお祖母ちゃんが慶...

… 続きを読む

徳川家茂の正室として京都から迎えられた和宮が偽物だった。
その偽物が和宮に成り代わるまでのいきさつ。
勝麟太郎(海舟)登場。



謀略だらけ。
その中で勝麟太郎は国際情勢を理解する面白い男として登場する。

徳川慶喜は悪く描かれている。
私の印象だと無血開城を決断した賢い将軍だったのだが、これはもっくん(だっけ?)が演じていた大河ドラマの影響かな。
うちのお祖母ちゃんも慶喜を悪く言っていたな。もちろんお祖母ちゃんが慶喜に会ったことがあるわけじゃない。慶喜は祖母にとっても歴史の人物だ。祖母の価値観ってどう形成されたんだろう。自分が幼児だった頃の祖母の年齢になった今日この頃、ふと考える。
関連記事
2019-12-05 (Thu)

『マイクロカプセル香害 ──柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』

『マイクロカプセル香害 ──柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』

環境公害の過敏症の人のための施設で働いていたことのある方に、洗剤や柔軟剤の匂い、無香料の消臭剤の匂いにさえ過敏になっていると言ったところ、この本を紹介された。「柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ」ってまさに私。というと大げさだけど、柔軟剤・消臭剤による、いらだちと、かき乱される心ぐらいは抱え込んでいる。Amazonの『マイクロカプセル香害 ──柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』のページへ前半が被害者・発症者...

… 続きを読む

環境公害の過敏症の人のための施設で働いていたことのある方に、洗剤や柔軟剤の匂い、無香料の消臭剤の匂いにさえ過敏になっていると言ったところ、この本を紹介された。
「柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ」ってまさに私。というと大げさだけど、柔軟剤・消臭剤による、いらだちと、かき乱される心ぐらいは抱え込んでいる。


Amazonの『マイクロカプセル香害 ──柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』のページ

前半が被害者・発症者の声。香害アンケートの回答が60ページ余り続く。

症状は思っていた以上にさまざまで深刻なものも多い。
鼻炎、目の痛み、頭痛に始まり、吐き気、ぜんそく発作、めまい、胃痛、腹痛、動悸息切れにわたり、さらには、記憶障害、思考力低下、大量の鼻血、倦怠感で寝たきり、筋肉の硬直、重度の冷え性など想像もしなかった症状まで。

症状もつらそうだが、周囲に理解されず、クレーマーや頭のおかしい人と見なされ、人間関係にひびが入るというのは精神的につらいだろう。

自分で使っていなくても他人が使う柔軟剤の芳香や消臭剤で反応するため、職場にいられなくなり、仕事を辞めたり、お客さんが取れなくなったり。

子どもが他の子の柔軟剤等の残香に症状が出て学校に行かれないケースも。
また、中学3年で発症してその後学校に通えず、引きこもり同然の暮らしを強いられ、障害年金と生活保護で生活するという30代の人。
20年以上、そんな暮らしをしていて将来解消される見込みもないなんて。

近隣の住人の洗濯洗剤や柔軟剤、果ては川や水道水からそのような匂いを嗅ぎ取り、都市部から逃れても、農地では農薬に反応してしまう。工業地帯では工業で使う科学物質に。
病院に通うにも、電車を使うのは、乗り合わせた人からの匂いやシートへの移香で困難。自動車も新車は5年間匂いがつらいという人も。
経済的にも環境面でも生活基盤が脅かされる。

このような症状や症状をかかえる人が増えている原因を解明するアプローチが後半に続く。

まず、柔軟剤メーカーが残香を強くするためにマイクロカプセルの技術を応用するようになり、高いボリュームの香りに長時間囲まれやすい環境にいるということが説明されている。

次に嗅覚のしくみと、化学物質過敏症発症の理由となる2つの説。「トータル・ボディ・ロード」説と、「化学キンドリング現象」説。どちらにしても、製品化にあたり生成される化学物質が身心にダメージを与えていくとの説明。

そして、香害を受けたときの通常のアレルギーのようにまず「接触反応」が起きると。
次に「二次反応」が起こりやすい。これは、神経系(精神を含む)の反応により、全身の状態変化が起きるという。
それでも暴露を避けることができなければ、「防衛反応」と呼ばれる内分泌や免疫系の症状が出てくる場合もあり、体の反応としては「免疫低下」などであわられるという。
これで、被害者・発症者の諸症状の説明がつく。

柔軟剤の場合、香料の約半分は危険で有害な化学物質だという。
また、マイクロカプセル自体に問題があり、カプセル壁の材料にイソシアネートという毒性化合物が使われていると考えられるということ。本書ではイソシアネートは、杉並病(東京都杉並区の不燃ゴミ中継施設健康被害)の原因物質の1つでもあったとしている。

マイクロカプセルが使用されているのは、柔軟剤のみならず、元々農薬を長持ちさせるために使われており、他にも身近な製品として以下が挙げられている、

(前略)パーソナル・ケア製品・化粧品、シャワー用ゲル、リーブオンヘアコンディショナー、固形タイプのデオドラント、固形タイプのデオドラント、ロールオン式デオドラント、エアゾール式制汗剤、ボディーローション、化粧落とし、日焼け止めローション、セットローション、整髪用ジェル、シャンプー、オードトワレ、エアゾールボディスプレー、ヘアフォームなど。


マイクロカプセルのサイズも問題。
柔軟剤や殺虫剤には、マイクロ以下の単位となるナノのサイズの粒子を使う製品もあるという。この場合、有害な物質が肺胞上皮に沈着しても肺胞マクロファージ(免疫細胞の一種、粒子状物質を貪食する)が反応しない。


柔軟剤・消臭剤がサブタイトルに挙げられているが、被害者・発症者の声には、たばこ、排気ガスなど、従来からアレルギー物質、有害と言われるものも挙げられている。
自分にとって非常に身近な問題だと感じた。
さきほど主人の部屋に入ったら、変な匂いがした(私が苦手な2つの種類の匂いと考えているがここでは挙げないでおく)。とたんに苦しくなりせきが出始めたが、匂いがしたことを伝えると主人は自分が責められていると感じたのだろう。非常に冷淡な態度を取られた。そして、匂いの発生源を突き止めて取り除いてくれるということはないだろう。

また、具体的な製品名やメーカー名が挙げられているのだが、私がダメだと思った製品、メーカー名のものが多い。
自分が不快を感じるのは、他の過敏な人も不快を感じやすい特定の物質が原因になっているのだろう。アンケート回答者と不快感を共有しているのだ。

自分は発症には至っていないと信じたいところだが、そうでないと言い切れるだろうか。
夏でもレッグウォーマーが必要なほどの冷え性、慢性的に繰り返す頭痛や不眠といった体の不調。
昨日だって、トイレを掃除し、便器貼り付け式芳香洗浄剤を便器に付けた頃、気がついたら耳鳴りのレベルが上がっていた(元々耳鳴りがするのだが、さらにうるさくなっていた)。今日になっても鼻の奥が少しつんとする。心なしか目にも刺激を感じる。これやばいかな。
とにかく、自分で使うもの、環境には気をつけよう。

あとは、本書に書かれているように各メーカーがマーケティングの一環として消費者の声に反応して、商品や製造方法を変更して問題のない製品のみを販売してくれることを祈るばかり。

ちなみに、10月に前述の方に気をつけた方がいいと言われ、抗菌消臭剤入りの合成洗剤はやめて通常の洗濯物はマグちゃん(マグちゃんの使用個数の目安を参照してうちの洗濯量から割り出してベビーマグちゃんx2)に切り替えた。
柔軟剤も止めて、使わないか、クエン酸ベースのアラウベビー 衣類のなめらか仕上げを使ったりしている。
ニットや型崩れしやすいなどガシガシ洗えないものは、今までとおりエマールで。ただし柔軟剤はやめた。エマールは柔軟剤なしでよかったらしい。化学の先生でアトピーのあった方が他の洗剤からエマールにして改善したということだし、自分でも今のところエマール フレッシュグリーンの香りはOKなので。
関連記事
2019-11-27 (Wed)

嘘から出た実?ニセ霊媒師が亡霊を見る 『交霊』

嘘から出た実?ニセ霊媒師が亡霊を見る 『交霊』

スウェーデン国家警察の警部、ヨーナ・リンナ シリーズ第3作。スンツバル北部ビルギッタゴーデン。問題を抱えた少女たちを収容している自立支援ホーム。間もなく午前零時になろうという時間。当直看護師のエリザベトは殺された。そして深夜、ホームの少女の一人が別の少女、ミランダが殺されていることを発見する。ホームではもう一人の別の少女、ヴィッキーがいなくなっていた。ヨーナ・リンナはオブザーバーとして捜査に加わるが...

… 続きを読む

スウェーデン国家警察の警部、ヨーナ・リンナ シリーズ第3作。

スンツバル北部ビルギッタゴーデン。問題を抱えた少女たちを収容している自立支援ホーム。間もなく午前零時になろうという時間。当直看護師のエリザベトは殺された。
そして深夜、ホームの少女の一人が別の少女、ミランダが殺されていることを発見する。
ホームではもう一人の別の少女、ヴィッキーがいなくなっていた。

ヨーナ・リンナはオブザーバーとして捜査に加わるが、ヨーナに対する告発状によって国家警察の内部調査対象となっているということが地元警察に知れてから特に地元警察はヨーナの捜査への介入を嫌った。
平行して、ヨーナは自分の家族に関わる重要な手がかりを求めて内部調査担当者との会合をすっぽかしてしまう。


Amazonの『交霊 〔上〕』のページ

殺された少女は両手で顔を覆って顔のほとんどがなくなってしまって発見された。これがマスコミで報道されたというのが事件解決の鍵になる。

日本語のタイトルとなっている『交霊』は、降霊術士を詐称して、降霊会を行ってお金を得ていた登場人物、フローラが、降霊会の儀式をきっかけに殺された少女の亡霊を見ることになったところから着想を得ているのだろう。原題のEldvittnetはオンライン辞書で訳が出ないのだけど、eldとvittnetで見ると、英語タイトルのFire Witnessというのは原題に即しているように思われる。「霊感目撃者」というところか。

シリーズ第1作『催眠』やシリーズ第2作『契約』のように特殊な技能/能力を持つ専門家が事件を解決するというのとは筋書きが違っている。
だからといって、面白さに遜色はない。

オブザーバーのはずのヨーナは、捜査における自分の立場にお構いなしで、一部は地元警察と協力して、それ以外は独自に捜査して、ホームからいなくなったヴィッキーを探し出す。ヴィッキーに関するささやかな証言情報、目撃情報を手がかりに。
そして終盤、いつものようにスリリングなアクションシーンが展開され、事件は解決。
しかし、解決し、被害を最小限にとどめられたのは、あくまでヨーナの推理力。そこが読んでいて面白い。
犯行の動機も一ひねりあり、犯人も意外だったしね。

と、ヨーナ・リンナ シリーズ=ラーシュ・ケプレルの著作で和訳されているものをすべて読み終わってしまった。チーン!

しかもいやなことに気付く。
Amazonでは和訳されたシリーズの3作とも中古品しか扱っていない。これは絶版状態と言うこと?出版社に売る気がなさそうに見受けられる。第1作、第2作は原版の刊行年の翌年、第3作は刊行年の翌々年に出版されているが、第4作の原版刊行2012年からもう6年経っている。
これって第4作以降の和訳を出版する意思が出版社にないということなのでは?
とりあえず、英語版の第4作『The Sandman』を読むしかないのかなあ。Kindleのなか見検索で冒頭部分を読んだところ、シンプルな文体で読みやすそう。

本作の終わりがクリフハンガー形式で、ヨーナと家族はピンチでは?と思わせられ、次作を読まずにはいられない。

余談
確証バイアスということばを、本作と『刑事ルーサー』で立て続けに見聞きした。『刑事ルーサー』でそのことばが出てきたのは2011年~2015年の作品、本作の原版が2011年だから、その頃提唱されだした概念/用語なんだろうか。

人間は無意識に、自分の先入観にとって都合のいい情報を重視しようとするのだ。

というのが、その説明。心理学でそう言うらしい。

おなじみの登場人物

カルロス・エリアソン(国家警察長官)
ナータン・ポロック(殺人捜査特別班)
ディーサ(ヨーナの恋人)
サーガ・パウエル(美貌の警察官、公安)
アーニャ(ヨーナのアシスタント?、ヨーナをデートに誘う)
関連記事
2019-11-16 (Sat)

ベルリンならではの面白さを楽しめる 『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め』

ベルリンならではの面白さを楽しめる 『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め』

トニーとさおり、息子トニーニョのベルリン体験ルポ。ベルリンならではの体験。旅行者だとちょっと難しいかも知れないけれど、予約しておけば体験できそうなものもある。Amazonの『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め』のページへストレス解消に車(廃車)をぶっ壊すなんて面白い!若いときだったらやりたかっただろうな。18歳以上からというルールがあるというのは行き届いた配慮だ。壊れた家電を直す、リペアカフェもいい!...

… 続きを読む

トニーとさおり、息子トニーニョのベルリン体験ルポ。
ベルリンならではの体験。旅行者だとちょっと難しいかも知れないけれど、予約しておけば体験できそうなものもある。


Amazonの『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め』のページ


ストレス解消に車(廃車)をぶっ壊すなんて面白い!
若いときだったらやりたかっただろうな。18歳以上からというルールがあるというのは行き届いた配慮だ。

壊れた家電を直す、リペアカフェもいい!
東京にもできればいいのに。そんなに使っていないけれど壊れているものがうちには複数ある。

小舟で小旅行というのもすてき。
ベッド、炊事設備、テラスまである、水上住宅にエンジンと舵を付けたような船らしい。

ベルリンでのトラブルの話も。
海外でのトラブルって日本にいるとき以上に対処が大変だよね。
関連記事
2019-11-07 (Thu)

区民なので読んだ『なぜか惹かれる足立区 - 東京23区「最下位」からの下剋上』

区民なので読んだ『なぜか惹かれる足立区 - 東京23区「最下位」からの下剋上』

足立区とその他の地域(その他の東京23区、都道府県、ときに外国)を比較したり、それらのデータとデータを組み合わせたりして、そこに意味づけをして解説する。Amazonの『なぜか惹かれる足立区 - 東京23区「最下位」からの下剋上』のページへ足立区民だから読んだ。東京の中でも現在の足立区はどのような特色があるのか、どのような発展を遂げているのかということが知れたことは一番の収穫だ。これで人に足立区をうまく説明でき...

… 続きを読む

足立区とその他の地域(その他の東京23区、都道府県、ときに外国)を比較したり、それらのデータとデータを組み合わせたりして、そこに意味づけをして解説する。


Amazonの『なぜか惹かれる足立区 - 東京23区「最下位」からの下剋上』のページ

足立区民だから読んだ。

東京の中でも現在の足立区はどのような特色があるのか、どのような発展を遂げているのかということが知れたことは一番の収穫だ。
これで人に足立区をうまく説明できそうだ。

足立区に移り住んで以来、足立区に関する本を読んできた。千住が江戸四宿の一つであったとか、関東大震災以来住宅地となったとか、首都圏で所得が最低レベルであるというようなことはこれまでに知った。区民なので区報などで行政がどのような取り組みを行っているかはある程度知っている。
そこに新たな統計情報を知ったことで最近の足立区を捕えることができた。

と、私はこういう読み方をしたが、対象読者は誰で、何を伝えたいのか理解しにくい。
大半が足立区だけではなく東部3区と筆者が呼ぶ地域や東京23区のことも平行して細かく書かれていて、焦点が定まっていない(少なくとも私には焦点がどこにあるのか読み取れない)

後半まで読み進めると、どうやら下町の人情パワーをよりどころにして発展せよという趣旨が読み取れる。
あとがきによると、筆者はかつて西新井の団地に住んでいたらしい。奥さんが人間同士の距離感に疲れて引っ越していったとのこと。でも筆者はそれがお気に入りだったんだろうね。

酔っ払いとおぼしき人が若者に開放されているという姿を駅で二度ほど目撃したことがあるところから、こっちの人は親切、若者偉いとは思っている。
かといって自分には足立区に住んで十七、八年になるが、この町には未だ知り合いしかいない。私の社交性の問題もあるだろうけど、筆者が住んでいた頃とは時代が違っているというのもあるだろう。
下町人情パワーの効果はいかほど期待できるのだろうか。
ああ、でも先日見た深夜のテレビ番組で東京の人は冷たいけど、足立区の人は最高と言っている外国人がいたな。
関連記事
2019-11-06 (Wed)

赤ん坊が身近にいなくても赤ん坊の話は面白い 『ダーリンは外国人with BABY』

赤ん坊が身近にいなくても赤ん坊の話は面白い 『ダーリンは外国人with BABY』

トニー&さおり夫婦に息子トニーニョが加わった。さおりの妊娠から、トニーニョ1歳まで。妊娠中の海外旅行、子連れ海外旅行あり、バイリンガル子育て論あり。普通の赤ちゃんのトラブル、赤ちゃんへの配慮についてもあり。Amazonの『ダーリンは外国人 with BABY』のページへ出産経験も子育て予定もないアラ還が、30代女性から妊娠前から子育てまでの苦労を教えてもらった、という感じ。「ダーリンは外国人ベルリン編」と同じぐらい...

… 続きを読む

トニー&さおり夫婦に息子トニーニョが加わった。
さおりの妊娠から、トニーニョ1歳まで。
妊娠中の海外旅行、子連れ海外旅行あり、バイリンガル子育て論あり。
普通の赤ちゃんのトラブル、赤ちゃんへの配慮についてもあり。


Amazonの『ダーリンは外国人 with BABY』のページ

出産経験も子育て予定もないアラ還が、30代女性から妊娠前から子育てまでの苦労を教えてもらった、という感じ。
ダーリンは外国人ベルリン編」と同じぐらいの異文化感。
プラス、実用的な知識も仕込める。飛行機に乗るとき放射線を浴びるとか、異食症は鉄欠乏性貧血が原因の一つとか(思い起こせば、聞いたことのある話だけど、忘れていた)。さおりさんはいろいろ勉強している。
知ったところで、私にはこの先何の役にも立たないだろうけど。

また、お乳の出るおっぱいになるまでとか乳腺炎の体験談、今まで人に聞いたことはあったけど、今までで一番リアルに迫ってきた。簡潔なんだけど表現力がある。

そんなわけでいろいろ面白く興味深かった。
関連記事
2019-11-02 (Sat)

東京湾臨海署刑事課強行犯第一係 安積剛志係長のシリーズ。『炎天夢』

東京湾臨海署刑事課強行犯第一係 安積剛志係長のシリーズ。『炎天夢』

東京湾臨海署刑事課強行犯第一係 安積剛志係長のシリーズ。グラビアアイドル、立原彩花が夢の島にある江東マリーナで殺されて水死体で発見された。そのマリーナ内のプレジャーボートの甲板で被害者、立原のサンダルが見つかった。そのボートの持ち主は柳井武春。芸能界の大物だった。立原は柳井の経営する芸能プロダクショングループの系列の芸能事務所に所属していた。柳井は過去に暴力団員であったこともあり、対立する者をつぶ...

… 続きを読む

東京湾臨海署刑事課強行犯第一係 安積剛志係長のシリーズ。
グラビアアイドル、立原彩花が夢の島にある江東マリーナで殺されて水死体で発見された。
そのマリーナ内のプレジャーボートの甲板で被害者、立原のサンダルが見つかった。そのボートの持ち主は柳井武春。芸能界の大物だった。立原は柳井の経営する芸能プロダクショングループの系列の芸能事務所に所属していた。
柳井は過去に暴力団員であったこともあり、対立する者をつぶす、消すとの噂もあった。


Amazonの『炎天夢』のページ

殺人が、柳井または柳井の教唆によるものか、柳井に対立する者によるのかという推理小説の展開。
これに加えて、刑事部長が柳井と関係があり、柳井を容疑者として捜査を進めると軋轢が生じる可能性があるなかで、捜査本部内で刑事部長に次ぐNo.2のポジションにある捜査一課長(いつもの田端氏)は柳井を容疑者として考えているようにも取れる。13年前の柳井の周囲に起きた事件の継続捜査をする先輩から、安積は柳井を事情聴取する際には密かに取り調べをさせてもらえるよう頼まれてしまう。
また、警視庁捜査一課から来た佐治は何かと安積に突っかかる。

そんな捜査本部内の人間関係の中で事件解決のためにどう振る舞うのかを味わう。

安曇は何歳の設定なんだろう。
インターネット検索でさまざまなことを調べるということを魔法のように感じているというのが大丈夫ですかと思ってしまう。
関連記事
2019-10-27 (Sun)

パガニーニの調べのような狂おしいサスペンス 『契約』

パガニーニの調べのような狂おしいサスペンス 『契約』

スウェーデン国家警察の警部、ヨーナ・リンナ シリーズ第2作。平和活動家、ペネロペ・フェルナンデスがボーイフレンドのビヨルンとともにボーイフレンドのクルーザーでストックホルムの群島方面に出かけた。急遽同行することになった妹のビオラも一緒に。しかし、船を島に停泊させて、ビヨルンとペネロペが船から離れている少しの間に船の中でビオラは息絶えていた。ペネロペは正体不明の男に追われ、ビヨルンとともに逃げる。捕ま...

… 続きを読む

スウェーデン国家警察の警部、ヨーナ・リンナ シリーズ第2作。

平和活動家、ペネロペ・フェルナンデスがボーイフレンドのビヨルンとともにボーイフレンドのクルーザーでストックホルムの群島方面に出かけた。急遽同行することになった妹のビオラも一緒に。
しかし、船を島に停泊させて、ビヨルンとペネロペが船から離れている少しの間に船の中でビオラは息絶えていた。
ペネロペは正体不明の男に追われ、ビヨルンとともに逃げる。捕まればビオラと同様に殺されるに違いないと確信して。
その頃、戦略製品査察庁長官のパルムクローナが自宅で首を吊り亡くなっていた。自殺と考えられた。

 
Amazonの『契約〈上〉』のページ

二人の死がつながっている。ヨーナ・リンナとその他の警察官により、それが、どのようにつながっているのかが解明されるというのが全体の流れ。
追いかけられているペネロペが暗殺者の手から逃れられるのかというところも本作の大きな部分を占めている。
また、死んだパルムクローナの後任として戦略製品査察庁長官に就任したアクセル・リーセンが事件に巻き込まれていくというのも後半の大きなヤマ。

個人的には、アクセル・リーセンが魅力的で興味深い人物に映った。
不眠症だが過去に酒と睡眠薬を多量に摂取したため、肝臓を壊し、酒はもちろん睡眠薬を飲めない。精神科入院中に出会った少女に(肉体的な関係はなく、単純に)抱きついていれば眠ることができるため、その少女、ビヴァリーをアパートが見つかるまで下宿させるという名目で一緒に住んでいる。それは、同じ建物で隣に住む弟にさえ内緒だ。
元々はバイオリニストを目指し、卓越した才能を持っていたが、ある事件をきっかけにバイオリニストの道を断った。
しかし、彼の才能は、ヨーナが事件の鍵を解く大きな助けになる。また、終盤での行動の分かれ目にもなる。

薬といえば、ヨーナ・リンナは、持病としててんかんの発作があるらしい。
ガールフレンドのディーサに薬を飲んでいないと咎められるが事件が解決したら飲むという。てんかんの薬は集中力や思考力に影響を与えるらしい。
ヨーナの秘密のようなものに少し触れられたというところで満足があり、同時に今後これについてどのような説明がなされるのかが楽しみ。

「訳者あとがき」は、優れたレビューであり紹介文になっている。
ラーシュ・ケプレルについて、本作とヨーナ・リンナについて、簡潔なのに魅力が十分に描かれている。
次作、『交霊』は、あとがきから読むことにしよう。

そのあとがきにあったとおり、このシリーズは「ハリウッド映画のような謎の連鎖と派手なアクション」が特徴だ。
謎の連鎖は大歓迎だが、派手なアクションはどうでもいいという自分にとって、読後に振り返ってみるとアクション部分が長く、もう少し控えめのほうがよかったかもと思える。ペネロペが逃げる時間はそんなに長くなくてもよかったように思う。
自分は寝る前に寝落ちるまでちょっとずつ読むという読書スタイルなので、アクションシーンが長いと話のつながりを忘れちゃうのだ。
しかし、ヨーナが主人公として胸のすくようなアクションを決めるというのは悪くない。

原題をそのまま訳すと「パガニーニの契約」

伝説のバイオリニスト、ニコロ・パガニーニは(中略)超絶技巧を得るために悪魔と契約を結んだ、との噂につきまとわれていた。

こちらのほうが内容に合っている。事件の黒幕は人の弱みや羨望するものを見つけ出し、それをネタに強引な悪魔的契約を迫るのだから。
でも、出版関係者のうちの誰かの方針でヨーナ・リンナ シリーズは漢字二文字でいく、そうして上下巻表紙に一文字ずつ配してシリーズの統一感を出すということになったんだろう。ちなみにシリーズ第3作は『交霊』。

前作が『催眠』が催眠から広がる内面世界に焦点が当てられていたのに対し、本作は武器輸出という外に向かっていくテーマだ。
武器輸出の問題というのは、スウェーデンミステリー/サスペンスが取り扱うテーマとして鉄板だろう。
スウェーデン人の世界に向けた倫理意識に触れることができ、ああ、スウェーデンらしいと感じる。スウェーデン好きとしてはそれがまた読んでいて楽しい。

つづきを読む

関連記事
2019-10-26 (Sat)

HSP、うつのどちらにも、『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』

HSP、うつのどちらにも、『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』

HSPということばを知った。Highly Sensitive Personの略で「視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人のこと」だという。自分が当てはまる。顔の横から目に入る光で気が散る。疲れる。雑音が気になって仕事に集中できないとか寝付けないとか。匂いも気になる。洗濯すると、洗濯機の中の洗剤や柔軟剤の匂いが気になる。干した後は、ベランダからどちらかまたは両方の匂いが気になる。夕...

… 続きを読む


HSPということばを知った。Highly Sensitive Personの略で「視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人のこと」だという。
自分が当てはまる。
顔の横から目に入る光で気が散る。疲れる。
雑音が気になって仕事に集中できないとか寝付けないとか。
匂いも気になる。洗濯すると、洗濯機の中の洗剤や柔軟剤の匂いが気になる。干した後は、ベランダからどちらかまたは両方の匂いが気になる。夕方になるとよそのお宅の夕ご飯の匂いが気になる。
いちいちイライラする。

読んで、このイライラが解決するのではと、読んでみた。


Amazonの『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』のページ

著者はうつであったことがあり、それがHSPではなかったかと考えているという。

HSPとうつ傾向は対立するものではなく、不安、心配、恐怖といった共通の感情が多くあります。


その一方、うつとHSPの違いが説明されている。
どちらの傾向が強いかを確認するチェックリストがある。

自分はHSP傾向もあれば、うつ傾向もあるのだと思った。今まで自分はうつにはならない性格だと思ってきたので、これは意外だった。

どちらの傾向が強いにしても自己肯定感を育てる7つのステップは役に立つだろう。

ステップ① 自分にとって気持ちいいことをする
ステップ② 「楽しい」「気持ちいい」に理由はないと知る
ステップ③ 自分が持っているものに目を向ける
ステップ④ 眠る前にアファメーションを行う
ステップ⑤ ネガティブ感情は無理に否定しない
ステップ⑥ 欠点こそ大切な自分の持ち味だと確認する
ステップ⑦ 「マインドフルネス」を意識する

特に印象的だったのは「ネガティブ感情は、自分をより深く知るための手立てにもなります」ということ。
「怒り」は二次感情で、本当は悲しいのに素直に出せない。悔しいのに言葉にできない。言いたいことが言えないから我慢に我慢を重ねて、爆発してしまう。
妬みや嫉妬も自分の願望の表れだと。

ネガティブ感情は、自分の隠れた気持ちや願望に気付かせてくれる「影」です。


また、6章「今感じている弱さ、つらさはあなたを救う才能です」で「自分の周りに優れた人が多いのは恵まれている」というのはそうだと思う。
著者が言うように優秀な周りを感じて確かに「それに比べて…」とは思うものの、自分にできないことをやってもらえたり自分では得られなかった情報を得たりと恩恵は多い。

「自分にとって気持ちいいことをする」のにおいて、例に挙げられていることが意外と自分に当てはまらない。「犬や猫と遊ぶ」というのは読むだけで涙が出てきちゃうし、「ぼんやりする」は、やろうと思ってもできなかったりする。

無駄に感覚が過敏であるということに対して過敏さを和らげるテクニック(雑音が気にならなくなるようにする方法とか)が得られるものかと期待したが、どちらかというとそんな自分を受け止めるという主張であるようだ。
なるほどとは思うものの、一朝一夕にはできないかな。

書名のとおり「自己肯定感を取り戻す方法」の内容なので、元から自己肯定感が低い人間向きではないかもしれない。
著者は医者という人よりいろんなことを効率良くできないとなれない仕事に就いてきた人。元々強い自己肯定感を持っていたんだろう。自分のように人よりできないことだらけで劣等感を抱き続けてきた人間とはかなり違う。だから自分には難しいかもしれないと思ったりする。

今度はこのHSPということばを提唱したエレイン・N.アーロン氏の本を読んでみよう。

関連記事
2019-10-17 (Thu)

ベルリンの暮らしを手軽に知る 『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』

ベルリンの暮らしを手軽に知る 『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』

トニー&さおり夫婦お久しぶり。お子さんが生まれてもう小学校に上がるという。『ダーリンは外国人 with BABY』なんかも出ていた。たぶん読んでいないな。Amazonの『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ』のページへ今回、ベルリンに移住したという話。ベルリンへ引っ越すまでのこと、暮らし始めて部屋探しや不動産の制度のこと、息子の小学校のこと、犬のこと、日常のさまざまなこととすべて...

… 続きを読む

トニー&さおり夫婦お久しぶり。
お子さんが生まれてもう小学校に上がるという。
ダーリンは外国人 with BABY』なんかも出ていた。たぶん読んでいないな。


Amazonの『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ』のページ

今回、ベルリンに移住したという話。
ベルリンへ引っ越すまでのこと、暮らし始めて部屋探しや不動産の制度のこと、息子の小学校のこと、犬のこと、日常のさまざまなこととすべて興味深い。

いろいろ大変そうだけどね、特に不動産関係。詐欺があるなんて大変だ。

さおり目線で書かれているわけだが、トニーが頼りになる反面いらっとしている様子に同感。建前論的なものを展開したり、相手のためみたいなこと言ったり。男ってそうだよね。

薄切り肉を売っていないというのは、イギリスやブラジルと同じ。
でも、割高になり予約が必要だけれど、言っておけば薄切りにしてくれるっていい。私なんか海外の自炊ではステーキか挽肉しか食べていない気がする。日本のカレールーを使ったカレーを挽肉(と、タマネギとビート)で食べていたもん。

ドイツ語学習については特に興味がないのでさらっと流して読んだ。だけど、読み直してみたら、これは語学習得の上でためになるっていうことが書いてあった。
それが、トニーがベルリンに来てからやったことの一つで

③同じことを
 相手を変えて
 3回くらい聞く


というもの。
「何回も聞けば単語がだんだんわかって」くると。
なるほどね。

大変そうだけど楽しそう。
ベルリンの魅力をお手軽に味わえた。続きも読もうっと。
関連記事